解体した更地を駐車場にすることって結構あると思います。その駐車場にかかる経費を下げる方法として、水道代を年間2万円下げる方法をご紹介します。

以前の動画で解体した更地は駐車場が妥当だと

以前の動画で更地の有効活用には、駐車場が妥当というか、手間もかからず有効的じゃないかと解説しました。

解体した土地(更地)固定資産税が高いことを計算で出してみました

今回は、駐車場にしたあとの盲点について解説します。

駐車場にしたあとの盲点とは?

隣の人の家を買ったとします。それを駐車場にしたとします。

元は家でしたので、上下水道が使えるままです。

しかし、駐車場は家ではないので、下水はいらないですよね。

これが実は、下水道は使わず、休止ができる仕組みがあります。散水扱いというものにできるんです。

散水扱いにすると、下水道を使わない分だけ水道料金下がります。それが散水扱いというものです。

どうすれば散水扱いにできるのか?

これは市の公認水道業者に頼むことで可能です。

水道局などは市が運営していますが、すべての工事を市ができないので、それぞれ市が公認した水道業者が代わりに工事をしています。

その水道業者に、家を駐車場にしましたよと言います。すると、下水を使わない水道料金で計算してくれます。

つまり、水道料金が安くなるんです。

駐車場は、下水は使わなくても、地面に水をまくことしか水道は使わないので、下水を使わなくてもいいという考えです。

実際、駐車場は散水でしか水道は使いませんよね。

下水を使わない場合、水道料金がどれくらい安くなるか?

仮に、泉大津市を例に取りあげます。

下水の水道料金をカットした場合、1ヶ月あたり1,672円安くなります。

年間で計算すると、2万円程度になります。

水道業者にこの作業を依頼した場合、3万〜5万円くらいです。この料金は、立地条件や揃える書類によって変動します。

案外、このようなことを知られていません。ぜひお役立てください。