解体すると、固定資産税が上がることについて動画で説明してみました。

解体すると、固定資産税は上がるのか?

更地に(解体)すると、固定資産税が上がります。

更地の状態が一番、税金が高くなり、家が建っているほうが安くなります。

ここでは、その理由を説明します。

家が建っていると、税金が安くなります。

戸建などの住宅が建っていると、住宅用地の減税免除がかかります。

逆に申し上げますと、更地のほうが固定資産税が高くなり、住宅が建った土地のほうが固定資産税が安くなるんですね。

固定資産税が、税金です。

店舗とかオフィスビルとかは、税金が安くなる、住宅用地の減税免除が受けられません。人が住んでいるからこそ、税金が安くなります。

固定資産税の課金日は、1月1日

たとえば、1月1日に家が建っていれば、1月10日に家を解体しても減税免除の対象になります。

1月1日に家が建っているか、建っていないかで、税金の減税免除が受けられるかが変わります。

2月や3月、家が建っていなくても、1月1日に家が建っていれば、減税免除の対象です。

住宅用地の計算方法

仮に60坪の土地があったとします。

価格が1200万だとすると、6分の1の税率がかかり、200万。

家が建っていることにより、2万8000円の税金となります。

上は家が建っている場合です。更地の場合は、下の計算となります。

1200万の70%である、840万円。

840万円の1.4%で、約11万7600円。

差額は、約8万円以上となるので、家を建てておいたほうが税金が安くなるというわけです。

更地を有効活用するには?

家を建てていたほうが、固定資産税は安くなります。空き家は、近隣トラブルの原因となっていきます。

そこで、家を解体して更地にしておくと、税金が高くなります。

税金を安くし、利益を出すために土地の有効活用をしているのです。

たとえば、駐車場やアパート、マンション、貸しビルなどですね。