施工管理

工事実施における調査設計の段階から工事の発注、工事管理、竣工から供用に至るまで施工管理全般にわたり、プロジェクトチームの一員として、工事の品質確保と円滑な事業推進を図ることを目的とする業務です。

施工管理部は、工事を行う上で欠かせない職種で、世間でよく耳にする現場監督がその象徴的な立場が思い浮かびます。
しかし、現場監督は施工管理職の一部分であることはあまり知られていません。
工事には、大きく分けて、建築・土木に分類する事が出来ます。
土木は、道路、河川、港湾、下水、上水、公園と人が生活する上で、基盤となる社会資本の整備することを指します。

私たち、サポートプランは、土木事業において1級土木施工管理技士、2級土木施工管理技士をはじめとする資格を有する者が施工管理職に従事します。
主に、発注者支援業務、工事監督業務といった官公庁の業務を得意とし、公共事業が発注され、施工会社が円滑に適切な工事を行うことが出来る様な縁の下の支え的な存在です。

この業務がおろそかになると、国民の財産である土木建築物がその力を十分に発揮出来ないところか、大きな災害を助長させることに繋がりかねません。
私たちは、日頃の小さい事を少しずつ積み上げ、国民の皆様方に健全な国土を守ることが出来る公共事業を提供できる一つの歯車として、頑張り続けます。