解体工事の最安値は、見積もりを取りまくれば誰でも手に入ります

骨組み

骨組み

目次

 解体工事の最安値を出すことは、誰でもできる!

解体工事費用の最安値を出すことは誰にでもできます。見積もりを取りまくることを繰り返し行えば、自ずと安い見積は手に入ります。

そのやり方は、下のようなものです。

・マッチングサイトを利用する。
・タウンページの解体工事業者に電話をする。
・大阪府庁が公示しています解体工事許可業者の名簿から、見積を依頼する。

解体業者は、膨大な見積もり依頼が届いているので、多すぎて毛嫌いするところもあるかもしれません。

・「もっとまけて!」とハードな交渉をする。
・一つ一つの業者に今までの見積もりを見せ、経緯を伝え、最安値を出させ合う。

など交渉は様々です。

 安い見積もりを出す解体業者は優秀か?

しかし、安い見積もりを出す解体業者のなかで、優秀な業者が残っているのか?は分からないところです。

見積もりを取りまくるという、上記のような業者選定のやり方では、良い業者は次々に手を引いていきます。

また、運転資金が厳しいところは仕事欲しさに食いついてきて、さまざまなトラブルも誘発させます。それらはたくさん見てきています。

着手金が解体工事費に比べ、あまりにも金額が大きい解体業者は、気をつけていた方がいいでしょう。

支払い方法で解体工事業者を選ぶ

当社は、基本後払いの支払い方法を取っています。

工事金額が極めて高額である場合や工事期間が長期間の場合にかぎって、事前に、着手金を頂く場合もあります。

300万円以下の解体工事で、着手金をせがむ会社は資金繰りに厳しい感じがうかがえます。

ただただ、安値を引き出すことは誰にでも可能です。
せっかく、良い業者に巡り会えたとしても、値段を下げるため相見積もりをすると優良な業者や、親切で丁寧という業者は、手を引いていきます。

結局は「人となり」が大事である

本質は「人」ということを重んじなければなりません。

キチンとやり切る責任感や解体工事業者としてプライドを持ち合わせているのか。

安値の解体工事をただこなすだけ、こうなったら責任感や達成感が共有できませんので、同じ解体工事をしても完成した時の心から込み上げる味わいや共感も産まれません。

世の中には、お金を残す経営者はそこそいるでしょう。しかし、「人」を残す経営者は中々いないのが現実です。

「人」を育てるには、いい工事で経験を積ませることが必要です。

安値の工事は、ただこなすだけの経過となり「人」を育むことはできません。

人となりーーーこういう言葉も大事であると私は思っています。

目次
閉じる