家の屋根が、すぐに壊れるのを防ぐ方法をご紹介しています。

屋根の年数はどれくらいなのか?

瓦は、材質自体は、割れない限り持ちます。ただし、瓦の周りの漆喰が10年〜15年くらいしか持ちません。

だいたいそれくらいで剥がれてきます。昔の家は漆喰が剥がれるまえに塗り替えていました。

今の家は、漆喰がボロボロになって雨漏りするまで修理入れなかったりします。

雨漏りしてる時点では、瓦の間、瓦の隙間から水が流れていきます。ここまで来ると、修理もできなくて解体って言うケースとなりますね。

大棟があって、漆喰、防水シート、瓦土などがあります。漆喰が痛むと、瓦土の部分に水が流れていきます。

すると、瓦土が痩せていきます。さらに防水シートはビニールなので、水のせいで、防水シートの役割を失います。

最終的に瓦の位置が動き、壊れていきます。すると最終的に解体となってしまいます。

できれば、10年〜15年くらいに1回は漆喰を塗り替えたほうがいいですね。だいたい、30坪の戸建てで、30万円〜です。

外壁も壊れていく

あと、外壁も同じです。経年劣化でモルタルの部分にヒビが入ります。塗料は、10年に1回は塗り替えるのがいいでしょう。

もしやらないと、壁と板が剥き出しとなって、痛むこととなります。最終的には解体となってしまいます。

屋根と外壁塗装で120万〜130万円

30年に1回くらいの塗装だと家自体が持たないかもです。お肌も劣化してから治そうとしても元には戻らないですよね。それと同じです。