2018.06.15

空き家を予防することが大事です!

空き家を予防することが大事です!

空き家が社会問題化され、巷では色々な話がされています。

毎年、右肩上がりに増加中ですが、空き家を予防しなければ歯止めはかかりません。

まず、相続手続きを適切に行うことが望まれます。

不動産を相続して、将来、空き家になってしまうかもしれません。

託す側も託される側もどうなってしまうのか?

知識が必要です。

今回は、遺言についてお話をしたいと思います。

相続手続きは、もめ事がとても多い手続きです。

やはり、遺言を書いておいた方がいいと思います。

被相続人が、生前に遺産についての分配を予め、意思表示しておくことです。

遺言の良さは、被相続人の意見を尊重でき、どの財産を誰に相続されるのかを決めることができます。

よくあるのが、家を長男にあげたい。

しかし、一昔であれば、長男がほとんどを相続する世襲的なこともありましたが、現在では、兄弟で仲良く分けるのが主流になっています。

また、こうした方が人間関係にもヒビは入りません。

遺言では、遺留分を侵害しない範囲では有効となります。すなわち、法定相続分の1/2まで相続財産を圧縮できる効果も期待できます。

少し、小難しいですが、相続人が兄弟2人 家と土地は固定資産税の評価額で金額的に評価をします。

土地+家=2000万円 親は、長男に家をと思っていた。

預貯金=1000万円

総額=3000万円となり

1/2ずつですので、1500万円ずつの分配となります。

しかし、弟に預貯金1000万円渡しても500万円足りませんよね。

こんな時に遺言がお役に立ちます!

土地家を長男に相続させ、預金を弟にという技ができるのです。

法定相続分1/2 → 1/4 半分まで圧縮できます。

遺留分を侵害しなければ、大丈夫なのです。

相続では、遺言が優先されます。こうなれば、遺言のおかげで、スムーズに事は運びます。

遺言がなければ、折半やと揉めてしまい、家が空き家になったりすることも多くあります。

実は、相続でトラブル空き家も多いのです。

先ずは、知識を養い、自分に当てはめて考えましょうね!!!!!

過去の記事はこちらから!!!

http://www.akiya-seiri.com/blog.html

営業地域は、下記の様になります。
見積や相談は無料です。
大阪府下全域+尼崎市、伊丹市、西宮市、芦屋市、宝塚市となります。
大阪市 旭区 阿倍野区 生野区 北区 此花区 城東区 住之江区 住吉区
大正区 中央区 鶴見区 天王寺区 浪速区 西区 西成区 西淀川区 東住吉区 東成区
東淀川区 平野区 福島区 港区 都島区 淀川区

池田市、 泉大津市、 泉佐野市、 和泉市、 茨木市、 大阪狭山市、 大阪市
貝塚市、 柏原市、 交野市、 門真市、 河南町、 河内長野市、 岸和田市、 熊取町
堺市、 四條畷市、 島本町、 吹田市、 摂津市、 泉南市
太子町、 大東市、 高石市、 高槻市、 田尻町、 忠岡町、 千早赤阪村、 豊中市、 豊能町、
富田林市
寝屋川市、 能勢町
羽曳野市、 阪南市、 東大阪市、 枚方市、 藤井寺市
松原市、 岬町、 箕面市、 守口市、八尾市
兵庫県
尼崎市、伊丹市、西宮市、芦屋市、宝塚市